会社案内

不動産部

当社は不動産にかかわる売却、購入、管理、買取、有効活用などさまざまな分野でのご相談を受け賜っております。例えば、ご家族の環境の変化にともなう新居への買替え、転勤の間のご自宅の賃貸運用、相続で受け継いだ空家となっているご実家や空地の有効活用など。西日本建設では、お客様のライフスタイルの変化や状況に応じた多様なニーズにお応えする為、三重県中勢エリアを中心に三重県全エリアの不動産にかかわるさまざまなサポートを迅速かつ丁寧に親身になってマメにお手伝いしていきたいと思っております。 さらに、大手不動産会社にはない地元ならではの情報で、お客様の大切な資産を御査定させて頂きます。 販売のほか、高価買取保証もしておりますので、お気軽に御問合せください  これからどんな時代を迎えたとしても、お客様とのご縁に感謝しながら日々、誠実にマメに取り組んでまいります。 西日本建設をどうか宜しくお願い致します。

宅地造成事業部・お客様に幸せを届ける街を創る

これまで30年つちかった土木の技術を活かし分譲地の開発に取り組んでおります。ここに住むお客様の幸せを一番に考え、土地があるから家をたてるのではなく家を建てるから土地を造るという概念で街づくりを行っております。

土木事業部

おおらかな自然をステージに人々の夢を描き、育む土木…
大地と正面から向き合い、もっとやさしく心地い暮らしを目指して、 当社は幅広い分野で地域の環境保全や快適性の向上に大きく貢献し、 数々の実績を重ねています。また大規模開発に際しても、自然との共存を考えて細やかな配慮をしながら柔軟に対応し豊かな社会の創造にむけて強くチャレンジしています。

企業理念

人と環境にやさしく・・・それが西日本建設株式会社の指針です。」
20世紀は、あらゆる分野で発展を遂げてきました。
その数々の遺産を継承し21世紀は、人と自然が共生し快適で豊かな社会を築いていかなければなりません。創業以来28年、地域発展を推進する造成・土木工業をはじめ道路工事・舗装工事業・リース業などさまざまな分野で社会に貢献してきたことを自負しております。
今日では、過去の実績に甘んじることなく企業活動全般を通じて、鋭意努力を重ねる所存です。
今後の課題としましては、地域の環境問題に取り組み高度多様化する時代の要請に応じられる企業を目指し、経験・技術・知恵を発揮し、理想の未来を具現化する為に西日本グループは新たな一歩を踏み出しています。
今後とも変わらぬご支援とご愛願を賜りますようお願い申し上げます。

グループ企業

西日本建設株式会社 不動産取引 建設機械車両リース
東日本建設株式会社 土木工事 道路舗装工事
中央土木株式会社 土木工事
本州舗装株式会社 舗装工事 
アジアAKTビジネスカンパニー 実習生送出機関 進出支援「ミャンマー現地法人」
宇夢生 ITソリューション アプリケーション作成 スマートフォンアプリ作成 ホームページ作成

企業行動指針

西日本グループの役員および社員は、「企業理念」の実現に向けたあらゆる企業活動の実践において、「行動規範」の精神に則るとともに以下の「行動指針」を遵守する。経営トップは自ら率先垂範の上、社内への周知徹底と実効ある体制整備を行い、企業倫理の徹底を図るとともに、取引先にもこれを促す。
本行動指針に反する事態には、経営トップ自らが解決にあたり再発防止に努める。また、社内外への迅速かつ的確な情報公開を行い、権限と責任を明確にした上で厳正な処分を行う。
1.良質な商品・サービスの提供
優れた技術に基づいた安全で高品質の商品とサービスの提供に努めるとともに、個人情報・顧客情報の保護に十分配慮し、お客様から高い評価と信頼を得る。
2.社会に開かれた企業
株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを図り、企業情報について、社会への積極的な情報公開に努める。
3.社会との連携と協調
良き企業市民として、社会との連携と協調を図り、積極的な社会貢献に努める。
4.グローバル化
グローバルな視点をもち、各種の国際規範はもとよりそれぞれの文化や習慣を尊重し、世界の様々な人々との相互理解に努める。
5.地球環境との共存
地球環境との共存を図るとともに、快適な暮らしやすい社会の構築に向けて主体的に行動する。
6.政治や行政との関係
政治や行政との健全かつ正常な関係の維持・構築に努める。
7.反社会的勢力への対応
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、一切の関係を遮断し、違法・不当な要求には応じない。
8.人権の尊重
社会の人々、従業員を個として尊重し、企業活動において一切の差別を行わない。
9.働きがいのある職場環境
従業員にとって魅力に富み、安全で働きがいのある職場を提供する。
10.法令の遵守
法令を遵守し、公正で自由な競争に心がけ、適法な事業活動を行うとともに、健全な商慣習に則り、誠実に行動する。